損小利中の長期資産運用型自動売買ソフト 馬超のデメリット 口コミの真実

齊藤トモラニさんの
損小利中の長期資産運用型自動売買ソフト 馬超」が評判だけど、
本当に効果があるのかどうかが問題だよね。

どんなにいい商品でも、
やっぱり合う合わないってあるだろうしね。

デメリットをはっきり書いている口コミはないのかな。

⇒これって本当?口コミとネタバレ内容

損失は小さくても一定の利益は確保するという
「損小利中」での運用を可能とするロジックなので、
従来の「自動売買ソフト」で典型的なやられパターンだった、
「コツコツドカン」が無いように設計されています。

時間軸が長ければ長いほど、
右肩上がりでジワジワときれいな収支曲線を描くのが
良いっていう口コミもあるんだってさ。

自動売買のみで月収1000万円超の利益を得つつ、
海外のヘッジファンドにロジックを提供する
天才システムトレーダーが現在進行形で
運用しているシステム
って言ってるね。

嘘じゃないのかも。

コメントは受け付けていません。